大腸がんを理解して改善に繋げて行きましょう~シッカリ健康改善~

医者

とても恐ろしい病気

病院

病気の主な特徴

日本では、毎年22000人以上の方がすい臓がんで亡くなっているといわれています。このすい臓とは、胃の後ろにある長さ20cmほどの細長い臓器のことです。この臓器は、消化液を生産して十二指腸へ送り込む働きをしています。すい臓がんは、この部分に悪性腫瘍ができた状態を指します。すい臓がんの症状は、胃や背中が重苦しい、食欲不振やだるさ、体重の減少などがあります。しかし、胃腸の調子が悪いとしか認識されず、すぐに病院に行く人はあまりいないです。症状が進行して、初めて病院に駆け込むことが多いです。したがって、病気の発見が遅れる傾向が高いです。すい臓がんの原因は不明な点が多く、はっきりとした予防法はないです。なので、病院での定期的な検査による早期発見が重要です。

治療のための方法

病院でのすい臓がんの治療法は、主に外科手術、放射線、化学療法の3つに分けられます。まず外科手術とは、悪性腫瘍のある部分を外科施術で切除する治療のことです。そして、放射線療法とは、腫瘍の部分に放射線を照射する治療です。そうすることで、がん細胞を制御することができます。通常は身体の外から照射しますが、手術ですい臓がんだけに照射する方法もあります。そして、最後の化学療法とは、抗がん剤を点滴してがん細胞を制御する治療です。この方法は、すい臓以外にも転移した箇所の腫瘍に効果が期待できます。しかし、リスクとしては、体に副作用があることです。これらの治療法は、ガンの病状と全身の状態を考慮して選択することになります。